【海外 正規品】 TECH DI Bass VT SansAmp 21-ダイレクトボックス


ベース用アンプシミュレーター/DIボックス

小さなストンプボックスに納められたVT Bass DIは、どんな現場でも全てプロフェッショナル・レベルで対応できます。このVT Bass DIは3種類の出力を備えており、それらの出力が、ライブ、ダイレクト・レコーディング、プリアンプ、PAへのダイレクト接続の全てを可能にしてくれます。これ1つをギグバッグに入れておけば、どんな現場にいつでも出かけられます。
VT Bass DI は、クリーンで太いSVT サウンドから、地を揺らすようなダーティーなサウンドまで作り出します。どのようなセッティングでも、極太サウンドを簡単に叩き出せます。CHARACTER コントロールを駆使するとCrimsonやKing’s Xの図太いディストーション・サウンドも作り出せます。本機は100%アナログのSANSAMP回路により、アナログならではの太いサウンドとCHARACTERコントロールによるサウンド・メイクは新しい可能性を生み出します。
BLENDは、ダイレクト音とSANSAMP音(チューブアンプ・エミュレーション回路を通過した音)のブレンド(ミックス)比を調整します。BITEはプレゼンスを強調し、低周波フイルターで可聴周波数域以下をカットします。CHARACTERコントロールは、各機種のベースになるアンプのキャラクターに準じた、周波数、アタック、ドライブの変化を操作することができる画期的なコントロールです。VT Bassは、MIDコントロールのセンター周波数が500Hzです。
エフェクターとして
ペダルボードに本機を組み込んで、歪み系エフェクターとしてご使用になれます。

プリアンプとして
本機をパワーアンプまたはベースアンプのRETURNへ接続することで、余計なプリアンプを通すことなく本機のサウンドを発揮することができます。ベース→本機→パワーアンプorアンプヘッドのRETURNと接続します。

ライン・レコーディング用のアンプ・シミュレーターとして
アンプマイキング等に時間を費やすことなく、本機を直接ミキサー&レコーダーに接続するだけで、チューブ・アンプらしいサウンドが得られます。

ダイレクトにPAシステムへ
レコーディング同様、直接ミキサーに接続できるため自分の納得のいく音を、メイン・システムから出力できます。
Jリンドバーグ(J.LINDEBERG) Cole Slim Fit-TX Jaq 半袖ポロシャツ 071-21942-019 (Men's)
弁慶シェルフワゴン 3段 4-3-3M-10-L 【メイチョー】
テント スーパーライトタープ 1.8m×1.8m ブルー UVカット 防水 シェード ( 送料無料 キャプテンスタッグ アウトドア 超軽量 CAPTAIN STAG アルミ 正方形 海水浴 プール レジャー 紫外線カット ) 【5000円以上送料無料】